美容と健康の味方!レバーをおいしく手軽に楽しもう!

ホルモン

今回のテーマは「レバー」
焼肉や焼き鳥の定番メニューとして有名である一方、普段から食卓に並ぶものではない
「珍味」のような存在ですが、実はタンパク質や鉄分が豊富で栄養満点!

内臓肉ということでスーパーで買うにも抵抗がありますが
処理や調理は思ったほど難しくありません!

これをキッカケにレバーを積極的に食事に取り入れて
美しさと健康を手に入れましょう!

この記事でわかること

1.レバーに含まれる栄養が知りたい!

2.レバーは生で食べても大丈夫って本当!?

3.通販で買えるオススメのレバー商品

レバーのことをいろいろ知りたい!

そんなあなたには、当記事が参考になりますよ。
ぜひご覧ください(`・ω・´)ゞ

レバーに含まれる栄養って何?

レバーに含まれる栄養素で真っ先に思いつくのは「タンパク質」や「鉄分」ですが
他にも多くの栄養が含まれています。

それぞれ部位ごとに見ていきましょう。

牛レバー

牛レバーは肉質がやわらかく濃厚な味わいが特徴です。

栄養的には貧血予防に効果的なビタミンB12や
抗酸化作用の強いビタミンEが豊富に含まれています。

レバニラ炒めや揚げ物、赤ワイン煮込み、焼き肉など
しっかりとした味付けの料理に向いていると言えます。

豚レバー

牛レバーよりも弾力がありしっかりとした食感が特徴です。

3種類の中では最もたんぱく質や鉄分が豊富で脂肪も少なく
運動後のたんぱく質補給や貧血が気になる方にオススメです!
反面コレステロールも多いため、食べ過ぎに注意しましょう。

レバニラ炒め、レバーカツ、甘辛煮やクリーム煮などの料理に向いています。

鶏レバー

牛や豚に比べてクセや臭みが少なく
しっとりとした食感で食べやすいのが特徴です。

レバーの中では比較的低カロリーで
ビタミンB1や葉酸が豊富に含まれており、女性に嬉しい食材です!

焼き鳥やしぐれ煮、赤ワイン煮込み、レバーペーストなどがオススメ。

レバーは下処理が大事!

レバーは下処理が大切です。

手順的には血管や脂肪などを取り除き食べやすい大きさに切ったうえで
氷水に入れて汚れを落とすのが基本になります。
終わったら水気を切り、キッチンペーパーで残った水気を拭き取るようにしましょう。

レバーをおいしく食べるためには
血抜きや臭み取りなどの下処理を行ってから調理するのがポイントです!

レバーは必ず加熱調理してから食べよう

レバーは、生食すると食中毒のリスクがあります。
そのため、加熱調理することが推奨されています。

特に牛レバーや豚レバーの生食については厚生労働省も注意喚起をしており

・「O-157」として知られる腸管出血性大腸菌が検出されていること。
・腸管出血性大腸菌は、少数の菌だけでも、食中毒を引き起こすこと。
・「新鮮」かどうかは、関係ありません。


上記の注意書きを公式サイトで発信するなど生食禁止の情報発信をしています。

牛レバーを生食するのは、やめましょう(「レバ刺し」等)

実際にレバーを生食するのはとても危険なので
中心部まで十分に加熱するようにしましょう。

通販で買えるオススメの「レバー」商品

ここで栄養価が気になる人にオススメのホルモン商品をご紹介します。

そうざい男しゃく「国産牛レバー300g」参考価格2899円

レビュー件数700件以上!国産牛を使用した牛レバー商品です。

鮮度抜群の牛レバーを冷蔵配送してくれるので
上質な牛レバーを堪能することができます。

別途サービスでスライスカットもしてもらえるので
レバーカットが苦手な方でも安心。

2セット以上購入すると「煮込みチャーシュー切り落とし」が
ついてくるオマケ付きです!

君乃家「国産豚レバー2kg(200g×10)」参考価格3491円

こちらはレビュー件数450件越えと豚レバーとしては最高件数の商品です。

臭みがないと評判の本品は午前中に入荷した新鮮な豚レバーを
職人がその日のうちにカットして急速冷凍。
鮮度を落とさないように工夫しています。

200gの小分けパックなので普段の料理に使いやすいのもポイントです。

エビス通販「宮崎県産エビス鶏 ハート無し肝1kg」参考価格2140円

独自の飼育方法で宮崎産若鶏という独自ブランド鶏を使用。
薬品を使わずハーブなどを使用した飼料を用いて安心で美味しい鶏を育てることにこだわっています。
飼育から発送までを手掛ける一貫体制を構築しています。

鮮度を保つために朝加工した商品を当日発送!
発送も品質が落ちる冷凍ではなく冷蔵(チルド便)発送という徹底ぶり!

「スーパーでは絶対に手に入らない」というキャッチコピーも納得です!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

おわりに

今回はレバーについてまとめてみました。
珍味のイメージが強いですが、栄養豊富なのでぜひ普段の食生活にも取り入れていきたいですね。

レバーをおいしく食べて健康に生きていきましょう!


タイトルとURLをコピーしました